RSS

カテゴリー : 未分類

鳥人間コンテスト本番まであと1週間です!

更新遅くなり、申し訳ございません。

お久しぶりです。今年のパイロットの岡峯一輝です。

前回の更新から、私たちは6月24日に第3回GTF、7月1日に笠岡TF、7月14日・16日に最終GTFを行ないました。

6月24日のGTFでは、3回目のジャンプ試験で右翼を擦ってしまい修復を行ないました。着陸の時、パイロットがパワーを抜きすぎてしまい揚力不足で着陸したためです。
6月24日 山越GTF 3本目

7月1日の笠岡TFでは、飛び切りを狙っていたのですが、横風やパイロットの経験がまだ足りず滑走3本・ジャンプ8本で終わりました。本番まで短距離のフライトができなく不安ではありますが、間違いなくきちんと定常飛行できる機体には仕上がっていると思われます。パイロットがまだまだ未熟で申し訳ない。11本目は、横風強風の中発進してしまい、機体がグラウンドループしてしまいました。この時は発進すべきではなかったです。しっかり冷静に判断しなければなりません。
7月1日 笠岡TF 8本目
7月1日 笠岡TF 11本目

7月14日の山越GTFは、1本目で駆動部品が破損してしまいました。当日から翌日にかけ修復し15日に回転試験を行ない無事16日の早朝に最終GTFを行なうことができました。
駆動部の破損

16日のGTFではプラットホーム上での発進練習・尾翼による操縦の確認を行ないました。最後の8本目のジャンプは何とかきれいに着陸できました。
7月16日 山越GTF 発進練習2本目
7月16日 山越GTF 8本目ジャンプ
これで鳥人間コンテスト本番までのTFは終わりました。あとは、細かな調整と翼の修復と最終の重心取りが残っています。本番まで気を抜かず最終調整をしっかりと行ないます!

鳥人間コンテスト本番まであと1週間、さまざまな方に支えられここまでやってこれました。感謝の気持ちを伝えるべく、部の目標の2kmをしっかりと達成し、琵琶湖で平成カラス十三号がきれいに飛んでいるところをお見せしたいです。

最後に
この度、鳥人間コンテスト2018の出場に伴いまして、我々を応援してくださっている皆様方に、「空飛んで行こうぜ」という応援ソングと映像を作って頂きました!
僕たちの励みになっています。ありがとうございます。
応援ソング 「空飛んで行こうぜ」

第1,2回TFを行いました

gtfの様子

6月16日,17日に第1回,第2回TFを行いました。

そして、とても良い結果が得られました!

 

第1回TFでは転がしと滑走を行いました。

今年は胴体フレームを一新しているので、細心の注意を払ってテストを進めていきました。

転がしはプロペラを回さずにプッシャーが後ろから押す力だけでゆっくりと機体を動かす試験です。

また、滑走はその名前の通り機体を浮かさずに滑走させる試験です。

消していい

 

横風を受けて機体が大きく傾く場面があり、ヒヤリとしました。

修復は翼フィルムのみでしたが、次回以降同じようなことが起こさないように気をつけていきたいです。。

 

第2回TFでは滑走とジャンプをしました。

ジャンプは機体を一瞬浮かせ、すぐに降ろす試験です。

チェーンが外れるなどのトラブルもありましたが、最後にはそれなりにうまくジャンプすることができました。

 

これからは特に駆動、電装の調整やパイロットの操縦訓練などに力を入れていきます!

応援よろしくお願いします。

 

 

お久しぶりです。現状報告です。

本当にお久しぶりです。今日も二宮翔会は鳥人間コンテストに向けて元気に活動を続けています。なので部の現状報告を。

二宮翔会は夏に向けて機体を鋭意製作中です!!

また、うれしいことに新入生が10名強入部してくれました。まだ入部届けを出してくれていない新入生もいるので正確な数はまだ不明です。

今に始まったことではありませんが、一回生が大人数入部したおかげで作業スペースが足りなくなっています。一階の作業場もじき使用が禁止されるとのことで、まだ候補も何も決まってませんが早急に新しい作業スペースを確保しなければいけません。

泣き言を言ってもしかたありませんね、二宮翔会は夏に向けて順風満帆とは言えないけども、一歩一歩着実に前進しています。どうかこれからも二宮翔会へのエールをよろしくお願いします。これからもゆっくりながらブログも更新するのでよかったらチェックしてください。

桁試験しました!

お久しぶりです、二宮翔会です。

7月9日に新桁の荷重試験を行いました。

 

今回、桁の接合には桐を用いた簪で行いました。

二宮翔会初の試みです。

IMG_4087

 

new簪による接合&新桁ということで非常にドキドキわくわくしました。

結果は、無事成功いたしました。

桁を解体した後も簪は無事で、安堵しました。

 

IMG_4123

全荷重を掛け終え、少し横から撮った写真。

いやー、この写真いいですよね。

美しくたわんでますね(笑)

 

一年生は初めての桁試験で、いろいろ戸惑った場面もあったかと思います。

しかし、事前準備や当日の作業などよくやってくれました。

これからTFに向け、二宮翔会一同邁進していきますので、応援よろしくお願いします!

 

文責:岡峯

二宮忠八翁飛行記念大会

皆さんこんにちは。久しぶりの更新となってしまい大変申し訳ありません。私たち二宮翔会は、本日行われた“二宮忠八翁飛行記念大会”に参加させていただきました。この大会は、私たちがコンセプトとしているカラス型飛行機を考案した二宮忠八翁を称えるため、八幡浜市で毎年開催されている大会です。

今年は新入部員9名がゴム動力プロペラ部門に出場しましたが、長い時間をかけて研究・製作されている方々にはその実力を見事に見せつけられる形となってしまいました。ブースの方では、壊れてしまった飛行機の修理や募金活動の他、パイロットが実際にトレーニングで使用しているマシンへの試乗体験を行いました。

本大会への参加をとおして、新たな部員を含めたチームとしての結束力を高めることができ、各部員にとっても今後の活動に対する気持ちを奮い立たせる良い機会となりました。これからも目標に向かって一意専心していきたいと思います。

最後になりましたが、募金活動にて5,982円の寄付をいただきました。

いただいたお金は今後、機体の製作および部材の購入費に大切に使わせていただきます。

今後も温かいご支援をよろしくお願い致します。

 

クラウドファンディング

こんにちは、代表の辻下です。

大学のプロジェクトの一環でこの度クラウドファンディングを行うことになりました。

詳細につきましては以下のURLにてご確認いただけたらと思います。

全力で取り組みますのでぜひ、ご協力の方お願い致します。

https://readyfor.jp/projects/airplane12ninomy

 

さて、現在の二宮翔会の状況ですが機体の設計が練りあがり、夏ごろの完成を目指して活動しております。四月になると新入生の勧誘などもあり忙しくなりそうなので、計画通りに作業を進められるよう部内でうまく協力していけたらと思っています。

そうして、新入部員もぜひ入りたいと感じてくれるような雰囲気づくりにつながってくれたらいいですね。

年始めのご挨拶

こんにちは、代表の辻下です。

年が明けてから長く経ってしまいましたが、明けましておめでとうございます。

去年はフレームの刷新を進める中、桁試験にて桁が折れるという状況に陥りました。

そこから立て直しを図り、急ピッチで再設計を進めてきました。

そんな中、ようやく機体設計が固まり現在は各班忙しく活動をしております。

またもう一点お知らせです。

以前より、部員の増加に伴い要望していた作業場の拡大のお願いが叶い、

5号館1階自習室の一部が使えるようになりました!

今後はフェアリングの製作などスペースが必要な作業の作業場として活用していく予定です。

新機体でのフライトを成功させるべく頑張っていこうと思っていますので、今年もどうぞよろしくお願いします。

以上、簡単ではありますが新年の挨拶とさせて頂きます。

ご報告

先日1119日に愛媛大学の体育館にて桁試験を行いました。

結果から言ってしまうと、折れました。

破損箇所は右翼の三分割してある一番翼根側の桁の中心付近です。

IMG_2711       IMG_2731

二宮翔会の翼桁は何代もの間使い回されており、お世辞にも機体に最適といえるものではありませんでした。この状況を打開するために次の代で翼桁を買い替えられるように調整中でしたが、今回の結果を受けすぐに設計、発注することになりました。フレームを刷新した我々の代でしたが翼桁も変えることになり結果として機体の最適化を見込むことができそうです。

この時期に桁が折れてしまったことは非常に厳しい状況ではありますが、とりあえず鳥人間コンテストに間に合わせることを目標に部として動いていく方針です。最悪でも夏休みには機体を完成させることができるように、部員総出で今一度、気持ちを引き締め作業に励んでいこうと思っています。

しかしながら、製作期間の面、金銭面など多くの問題がありますので正直にいってあまり見通しがたっておりません。これから、さまざまな可能性を探ってなんとか調整していけたらと考えています。

また、進展がありましたらその都度ブログにあげるようにしようとおもいます。

今回の桁試験でケガ人なく安全に運用することができたことを一応報告させていただきます。

以上で簡単ではありますが報告とさせていただきます。

展示

皆さんこんにちは、二宮翔会です。
すっかり夏になり愛媛大学では夏期休業が始まりました。二宮翔会では暑い中ですが少しずつ活動していきます。

さて、展示のお知らせです。

今、愛媛県松山市の生涯学習センターにおいて、『学習センター 夏季企画展「二宮 忠八」大空への夢』と題しまして企画展が開かれています。
これは飛行機の父と呼ばれる愛媛県八幡浜市出身の二宮忠八の生誕150年を記念し開かれるものです。
企画展では忠八の歩んできた歴史を始め、関連展示として三菱のMRJに関する展示なども行っております。
そんな中、忠八の考案したカラス型の模型飛行機をモチーフにした人力飛行機を作っている私達にも声をかけて頂き、簡単な機体の部品の説明や、構造部品の展示、活動風景のスライドショーなどの展示の協力を行っています。

企画展は9/11(日)まで開かれており、学習センターの開館時間はAM9:00~PM17:30となっております。
詳しくは企画展のポスターの写真を載せておきますのでご覧ください。

愛媛県に住んでいる方はもちろん、県外にお住みの方も、偉人:二宮忠八の激動の人生とそれから現代に与える影響、また私達二宮翔会の活動の様子をどうぞご覧になってみて下さい。

長い夏の間に足を運んでみてはいかがでしょうか。
それでは、良い夏をお過ごしください。

生涯学習センターチラシ001 0027

代表 辻下 新也

科学フェスティバル、機体展示での募金について

こんにちは、二宮翔会です。

 

この度、11/14・15に行われた『科学体験フェスティバル』において、

模型飛行機教室を開くという形で参加させていただきました。

今年も多くの参加者に来ていただけましたので、ここにお礼を申し上げます。

 

また、11/14には『ホームカミングデイ』において機体展示も行いました。

修復した翼の一部も展示の日までには無事完成することができました。

雨の中、足を運んで機体を見に来てくださり誠にありがとうございます。

 

さて、二宮翔会ではこの二日の間に機体製作のための募金箱の設置を行いました。

募金活動ですが、下記のように報告いたします。

 

≪科学フェスティバル≫

募金総額: 6719円

≪機体展示≫

募金総額: 1737円

 

この二日間、多く方にご支援いただき、部員一同感謝しております。

これらの募金は機体製作や機体製作に関わる物品の購入に役立たせていただきます。

 

それでは、今後とも二宮翔会をよろしくお願い致します。

 

二宮翔会翼班部員 辻下 新也