RSS

カテゴリー : 2014年 12月

温度センサ

こんにちは。電装班です。

温度センサを使うことになりました。目指すは、スタイロの炉の半自動化。部品を選定しましょう。

…センサから得た情報は

http://denshi.blog.jp/arduino/%E5%82%BE%E3%81%8D%E3%82%92python%E3%81%A7%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E5%8C%96

このへんでPCに表示することができそうです。

センサはコレ。アドレス4つ持てるみたいなので十分。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06675/

リレーは

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-00203/

これで行けそうです。

さて、どうなることやら

(これら以外に、シリコングリスや放熱板が必要です)

LS-CHLで遊んでみる

OBからLinkstation、LS-WXシリーズを頂きました。やほい。

これを時期サーバーにしようかと思っているのですが、このNASにはNICがひとつしかありません。

諸般の事情で、二宮にはNICが2つ搭載されたサーバーが必要。ということは…

・お蔵入りする(電装がいじり倒す)

・改造して、NICを搭載する。

という2案が出てきます。

 

取り敢えずもらった環境を壊すのも後々面倒ですから、まずは、自宅にあるLS-CHLで遊んでみます。

Linkstationの中身をいじるのって5年ぶりくらい…

 

ひとまず、LS-XHL化する方針で遊んでみます。

わかったこと。

ファームのバージョン1.10当たりでは、iniファイルの編集で、LS-CHLをXHLだと認識させることが可能っぽい。

各基板にはPID(ProductID?)が振られていてその辺を細工するとアップデータを騙せそう。

 

今日はこの辺で寝ることにします。