二宮翔会とは

二宮翔会 新ブログサイトへようこそ。

TF_43492small

二宮翔会は、2002年11月に愛媛大学の学生を中心として結成され、 読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト」に向けて人力飛行機を作る団体です。 学部学科を問わず飛行機や空を飛ぶ事、 ものづくりなどに興味を持つ学生を中心として活動をしています。

二宮翔会の「二宮」とは、愛媛八幡浜出身で、ライト兄弟と同じ時期に日本で初めて飛行機の理論 を発想した二宮忠八の苗字から来ており、「翔会」は人力飛行機を”翔”ばすという意味からきています。
我々の機体は二宮忠八が考案したカラス型模型飛行”器”(忠八は器という表現をした)を ベースとすることを最大の特徴とし、人力飛行機として再設計、製作する事で他のチームには無い 特徴的でロマンのある機体を製作しています。

まだまだ、チームとしては未熟ですがよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)